スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お世話になってます

2011/06/06


今まで何度となく触れてきた息子の食問題。
離乳食を始めてすぐから断固拒否→アレ、ちょっと食べるようになった?
→そうはさせるかとばかりにまた拒否→アレ、また(以下略)
の繰り返しで、そりゃもう頭を悩ませてきました。

育児のストレスの八割以上が離乳食を食べてくれないことで占められ、
どうすれば少しでも食べてくれるのかと
毎日のように離乳食グッズなどの売り場に通いつめたり。。。
(むしろその意気込みがイカンのではという噂もあるのですが)

で、1才を過ぎた頃から離乳食をあきらめて
私達と同じものを食べさせるようになりました。
よく本なんかで
「大人の食事からの取り分けは便利です!」
みたいなことが書かれているのはなんとなく見ていたのですが
何だったら食べさせてもOKで何だったらダメなのかもわからんし
と二の足を踏んでいたのですが
友達などに聞くと、気持ち味薄めに作って
刺激物や、油ギタギタの物以外はあげてたという意見が多かったので
恐る恐るあげてみたところ
嫌がりはするものの、前よりちょっと食べているような。。。

というわけで、前置きが長くなったのですが
ようやく息子がごはんをしっかり食べてくれるようになりました。
で、そんな今日この頃食事時に活躍しているグッズをご紹介!
離乳食に悩むオカーサマ、メモのご用意を!!

まず、コチラ!


onigiri.jpg


これ、何だと思います?
一口サイズのおにぎりメーカーなんです。
製品HPはコチラ→おでかけランチくん ひとくちおにぎりメーカー

最初の一口までが今でも嫌がりがちなんですが
コレで小さいおにぎりを作ってあげると食べる率が高いんです。

最初に何個かおにぎりを食べたら、今度は息子がこれをグニグニ握りしめるのに
夢中で素直に食べてくれます。(むしろそっちがメインの使用法)
本来の用途と若干違うけど一石二鳥!


そして、次はコレ!


toromi.jpg


飲み込みづらいのか、時々オエっとなっちゃうんですよね。
そしたらその後は食べなくなるので
(どんだけデリケートなのかと)
困っていたところ、またまた友達情報で
「とろみつけときゃたいがい食べる」
という噂を聞き、
試してみたところたーしーかーにー!
オエッが減る→食べやすい→食べる
という感じになり、かなりの好感触。
やはり、持つべきものは友達ですね。
で、さっそくベビーフードのとろみのもとを使ってたのですが
もー毎食使ってたらソッコーでなくなるんすわ。

しょっちゅうとろみのもとを買いに走るのが面倒になり
一時は片栗粉で頑張っていたのですが
料理が下手なのでダマになったり
ゲル?みたいな仕上がりになったりで
なんとかならんもんかと思っていたところ
とろみちゃんの存在を知り、
導入してみたらもうほんとに便利!

光の速さでとろみ教に入信、今や熱狂的信者です。
もう、気安く
「とろみちゃん」
とか呼んじゃっていいのかな、とすら思ってます。
こんなに世話になってるんだし
「とろみさん」
くらいの呼び方にした方がいいんじゃないかと。

そんなこんなで、今日もとろみちゃん、イヤ、とろみさん
で仕上げたごはんを食べさせる私なのでした。


↓↓ とろみ師匠、いつもアザーース! ↓↓

  人気ブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

アプリ作品
yamabusオリジナルアプリ
senden2.png ios_icon google_icon
映像作品
yamabus制作の映像作品です。たくさんの人にみてもらえると嬉しいです。
おすすめ!!

「El Diablo」

おもちちゃん

「おもちちゃん2話」

なにわのベイビーズ


なにわのベイビーズ(第2話)




なにわのベイビーズ(第3話)


イーのおこづかいちょう
プロフィール

yamabus

Author:yamabus
3DCGを主に使用しスマートフォンアプリやフル3Dアニメーションなどを作成しています。
昼間はサラリーマンです。

フェイスブックページも作成しました。
fer-.jpg facebook

twitter


使用ソフト、使用可能スキルに関して詳しくはコチラ

受賞歴に関して詳しくはコチラ

をご覧ください。


3DCG 
自主制作
アニメーション
youtube

mixiもあるよ
by 無料ブログパーツ製作所
[PR]コスモ・コーポレーション
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。